読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No-Fly.No-Life

飛行機と旅と、ときどきバイクについて語ります

広九直通列車に乗ってみた

その他 ホテル

CX509便の搭乗記があるなら帰りの便も書くべきでしょう

しかし、なんの変哲もないキャセイのエコノミーの搭乗記なんて書いたところで誰も楽しくありません

強いて言うならキャセイに存在しないはずのすっごい綺麗なクルーがいたことくらいでしょうか

惚れる0.5歩手前でした←

f:id:taku0_0v:20160924230711j:plain

 ※おわかりでしょうが、写真はイメージです

帰りの出来事で唯一、おっ、ってなったのは35番ゲート付近のプラザプレミアムラウンジの餌がアップグレードされてたこと

f:id:taku0_0v:20160923010313j:plain

f:id:taku0_0v:20160923010314j:plain

鶏肉のカレー煮と二口ピザ

どっちも下手なエアラインラウンジよりも美味しかったです

お昼食べないで空港行ったけど、正解でしたね(笑)

 

さて、広九直通列車

仕事で広州へ行き、香港までの帰り道をどうしようかと思ってたら思い出しました

そういえば越境列車があったなと

日本ではまずお目にかかれないですからね

東南アジアをバックパッカーとして旅してたら出会うかもしれませんが

とりあえず乗らずにはいられんということで、乗ってきました

 

まず広州駅似て切符を購入

f:id:taku0_0v:20160923010304j:plain

香港ドル人民元どちらでも購入できますが、窓口が違います

また、どちらもクレジットカードでは支払いできません

銀聯は試してないのでわかりません・・・

香港ドルの窓口のほうが空いてるので、香港ドルを持ってればそちらをおすすめします

f:id:taku0_0v:20160923010303j:plain

チケットを買ったら待合室へ

ちなみに列車は2時間に1本

18時20分のを買えたので、その前なら16時20分、その後なら20時20分です

発車時刻の30分前になるとイミグレへ

こちらは出国のみで、入国は紅磡駅へついてからです

f:id:taku0_0v:20160923010305j:plain

社内はこんな感じ

意外ときれいです

天井が高く、荷物棚も高いところにあるため、女性が一人で荷物を上げ下げするのは大変でしょう

香港までの所要時間は2時間

途中、2駅くらい止まりました

羅湖と常平でしょうか

常平の風俗街が潰される前はすごく繁盛してたんでしょうね、この列車

乗車中は特に騒ぐ客もいなく、すこぶる快適でした

というか、最近の中国の列車にはあんまり騒ぐやつがいないイメージなんですけど、どうなんでしょう

 

最後に、香港で泊まったホテルをちらっと書きます

ホリデーインエクスプレス香港ソーホー

何の変哲もないホテルです

f:id:taku0_0v:20160923010308j:plain

f:id:taku0_0v:20160923010309j:plain

f:id:taku0_0v:20160923010310j:plain

これで1泊1万3000円

やっぱ香港は高いですね

変換プラグが最初からあるのは好印象

また、朝食が以前泊まったとき(2年くらい前)に比べると格段に美味しくなってました

部屋は清潔だし、朝食はおいしいし、宿泊費の高い香港においては優先度の高い選択肢になりそうです

ネガティブ要素は、

①部屋数の割にエレベーターが少ない

35階くらいまであり、6階から上が客室フロアになっており、各フロア8室くらいあるのにエレベーターは3基のみ

タイミングが悪いと結構待たされます

②結構な音量で回ってるファンが止められない

基にする人は気になるでしょう

しかも止めるスイッチが見当たりませんでした

南国なんで、しょうがないですかね