読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No-Fly.No-Life

飛行機と旅と、ときどきバイクについて語ります

航空券のキャンセルとキャンセルプロテクション

生まれて初めて航空券のキャンセルなどしたのでその時のことを軽く書きます

前回の記事でも書きましたが、上海出張で体調をくずし、何かを食べれば液体のようなものが肛門から噴射され、若干風邪気味のままJL082便に搭乗

SHAではプライオリティパスでラウンジに入ったんですが、何も食べずにウトウトして終了

あそこのラウンジ、見た目はビミョーですが、食事のお味は意外に美味しいのです

体調が良かったら・・・、と思うときりがないですが、食べたかったなぁ

あと、プライオリティパスではファーストクラスラウンジにも入れます

広さがビジネスの半分くらいしかなくしょぼそうだったので入らなかったんですが、ビジネスクラスラウンジは座る場所を探すのに苦労するレベルだったので快適に過ごすことが目的ならファーストクラスラウンジをおすすめします

 

さて、羽田到着時の体温は38.4℃

とりあえず翌日の航空券のキャンセルも視野に入れ、MUFGアメックスのデスクに電話

ちなみに翌日の出張はもう一人同行する人がいたので僕一人キャンセルしても特に問題はないレベルです

 

アメックスに電話したのはキャンセルプロテクションの有無を聞くため

f:id:taku0_0v:20160910113912p:plain

ホームページ見てもなさそうだったけど、とりあえずものの試しに電話してみることに

結果はやっぱりなかったですね

キャンセルプロテクションはやっぱりコスト負担がそこそこ重いんでしょうね

いろいろ調べてみてもアメックスのゴールド以上、年会費が3万を超えるくらいじゃないと付帯しません

スカイトラベラーカードならプレミア以上

ダイナースでもプレミアからしか付帯しません

くさってもプラチナなのに付帯しないのは年会費が安いからでしょうね

 

ちなみに、年会費の割にろくなことができねーなと思って翌年度継続はやめようかと一瞬考えましたが、最近のアジア・マイル明細を見て思いとどまりました

引っ越しとか諸々で90万弱の利用があったんですが、付与されたマイルは13000

やっぱ還元率1.5%は強力ですね

解約を思いとどまりました

めったに利用しないキャンセルプロテクションよりもこういう目先の実利優先です(笑)

 

そして翌日朝、結局熱が下がらずキャンセルしようと予約確認を開くと、この航空券の予約変更・取消は電話でと書いてあり、コールセンターの営業時間は8時から

もう一度寝直し、8時20分に電話をかけるも・・・

f:id:taku0_0v:20160910113911p:plain

まず、ナビダイヤルは嫌だったので東京の番号へ

10分待てどつながらず・・・

これじゃダメなのかとナビダイヤルにかけるもやっぱりダメ(5分弱くらい)

もう繋がるまで待つしかないと思い、もう一度東京へ

15分でやっとつながりました

この時点で8時50分

9時10分発の便で、これを超えるとキャンセル料が航空券価格の半額

8万弱で買ったので4万弱ということになり、事前にキャンセルした場合のキャンセル料が2万円と比べる2倍に

さすがに電話がつながらないがために2倍払うのは納得行かないので時間が過ぎた場合どうやってゴネようか考えてたところでつながりました

そしてつながった左記は確か札幌

どこにかけてもやっぱ転送されるんですね

それにしてもJALのお問い合わせは本当につながらないですね

こういう時JMBメンバーはちゃんと繋がるんでしょうか?

 

・まとめ

ネットで調べてもやっぱりJALの問い合わせはつながらないことで有名みたいですね

上級会員は流石に繋がるんでしょうが、そこに予算をかけすぎ+上級会員多すぎてそれ以外のところにしわ寄せが来てるんでしょうね

もし、同じように不慮の事故等で緊急に航空券をキャンセルせざるを得なくなった場合はもう祈りながら繋がるのを待つしかないです

キャンセルしないで飛行機に乗れるのが一番いいんですけどね・・・